Future Gate

変革に逃げず、常にチャレンジ精神、
感謝の気持ちを持ち続け、社会へ貢献していく

―リーマンショックをむかえて―

2007年1月、開発系エンジニア出身の私は就職支援事業を目的に弊社を創業しました。

当時、IT系専門学校のキャリアセンターの代表や職業訓練校の講師を務めていた私にとって、転機となったのがリーマンショックです。それを境にSE経験者の生徒の割合が急激に増えたのです。リストラや退職勧奨にあった、中には耳を疑うような事を企業からされてきた話を彼らから聞き、只々驚くばかり。専門学校に来られる何百という企業のうち95%以上はお客様先での作業、つまりSES(派遣)を中心に事業を営む企業…私の中にある疑問が浮かんできました。

―『SESの限界』という疑問―

SES案件の多くは年齢制限があり、60歳を超え65歳まで働ける現場はありません。また技術者として現場へ出ない管理職、営業職の数にも限界があるのに加え、SESは技術者が現場に出て初めて売上げが立つため、リーマンショック時のように案件数が激減すると雇用維持が難しくなります。

私はある方の言葉を今でも忘れることが出来ません。その方は58歳までSEとして企業に勤めるもリーマンショックの余波を受け解雇、職業訓練校の卒業後も再就職先が見つかりませんでした。そしてこう仰ったのです。『再就職は諦め、生活保護で生きていきます』と…私はこのIT業界の状況に絶句。と同時にキャリアと教育の重要性、会社の事業の在り方を深く考えさせられました。

―経営者としての使命―

2014年より弊社もITアウトソーシング事業を始めましたが、単なるSES企業には致しません。新しい事業の創設、そして社員のキャリアを年齢や市場に合うものに育成する事が経営者の責務と自身に課しております。

弊社に縁があって入社してくれた社員、社員を支える家族に感謝の気持ちを持ち続け、大切にする――60歳定年、再延長雇用の65歳まで働ける事業、環境作りをしていきたいと考えております。

代表取締役 田代政義

会社概要

会社名 株式会社フューチャーゲート


所在地

〒101-0065
東京都千代田区西神田3-3-6 九段オーシャンビル2F


設立年月日 2007年1月9日


代表取締役 田代 政義


主要取引銀行 三菱UFJ銀行


事業内容

・システムインテグレーション支援
・インフラソリューションサービス
・エンジニアオンサイトサービス

会社沿革

2007年 1月町田市に株式会社フューチャーゲート設立


2007年 7月公共委託訓練 就職支援サービス開始


2010年 10月学校法人キャリアセンター支援サービス開始


2011年 6月Androidアプリ開発教育受託


2013年 8月千代田区神田神保町 準備室設立


2013年 11月ジョブアシスタントサービス事業開始


2014年 1月エンジニアオンサイトサービス事業開始


2014年 4月新卒採用開始


2014年 8月本社を町田市から千代田区神田神保町へ移転


2014年 10月合同会社フューチャーITサポート設立


2018年 1月女性だけの部署「SAKURA🌸Gate」を設立


2018年 3月本社を千代田区神田神保町から千代田区西神田へ移転